息子の嫁さんからのLINE

さっき、何年かぶりに息子の嫁さんからLINEが来て、孫たちの七五三写真を送ってくれました。

急に彼女が私のLINEから消えた時はショックだったんですけれど、何か理由があるんだろうと、至らない自分を責めていたんです。

実際、仕事で忙しくしている時は家族って必要悪程度にしか考えていなかったですし。

もちろん息子一家には伝えてませんが、私が入院して、病気と怪我だったので意外と長い期間でした。

その間私には家族はいない設定で通していたんですが、これが意外と厄介で。

病院って何をするんでも家族単位じゃないと動かしてもらえないんですよね。

家族のお迎えがないと退院させないとか。

この場合擬似家族だったりビジネス家族って言うのは通用しないんです。

病院ではいつも私の前に家族の問題が立ちはだかっていて、生きることも死ぬことすらも私個人の問題なのにかぞくの問題にすり替えられていて、それが大きなストレスになっていました。

家族がいない設定で通していた私ですが、スマホの中には孫たちの動画がうなるほどあるんです。

暇な時間だらけの病棟で私はこれらの動画を見て孫たちを思い涙していました。

どうしてかって、彼らは私にとって希望でしかなかったからです。

今日、こうしてふたたび息子の嫁さんとつながることができて、これは私がふたたび家族を持つことが始まったと言う意味なのかも知れません。

彼らに今の私が役に立つ存在とはあまり思えません。

相変わらず体は弱っているままです。

それでもなにか出来ることがあるなら、もう一度家族の絆を作り上げたいと思っています。

(Visited 21 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です