セフォラのリップグロス

おばさんは口紅を使わなくなって、もうかなり経つんです。
最後の頃に使っていた、イヴサンローランのルージュヴォリュプテ、あれもかなり軽いつけ心地だったと思うんですけれど、それでも厚塗り感を感じてしまって、偶然手にしたディオールのアディクトのリップグロスのパールの入り方がとてもくちびるに立体感が出てお気に入りでした。

それ以来、いろいろなメーカーのリップグロスを使ってみたんですけれど、、こちらのセフォラのリップグロスはフォルムの格好良さにひと目ぼれでした。

セフォラ リップグロス

パケ買い趣味のおばさんとしては、見つけるたびに買わずにはいられなくて、4個くらいストックがあるんですけれど、どうもイマイチ好みの色がないんですよね。
濃赤とかブラウンとか無駄にハイライトなんかのセットで、あまり使うことがなくなっているんです。
もう、形を愛でるだけの存在なんですけれど、この間、ブラウン系のメイクをしてみた時に、リップグロスでブラウンがないなー、と思ってこのセフォラのを引っ張り出してきたんです。

リップグロスとしてはテクスチャーが硬めでしたが、発色はいいし、これはこれで満足だったんですが、もうちょっとツヤ感が欲しくて、結局ディオールのアディクトのクリアにゴールドラメの入ったグロスを重ね塗りして丁度いい感じでした。

以前、セフォラの何色かセットのふつうのリップグロスを買ったことがあるんですけれど、あり得ないことに2、3回使ったら、スポンジチップがボキッって折れちゃったんです。
しばし現状が理解できなくておばさん呆然としていたんですけれど、折れちゃったものは仕方がないので、他のリップグロスのスポンジチップを突っ込んで使い切りました。

リップブラシをまさか突っ込むわけにもいかないし。
セフォラのあまりお安い価格帯のはデンジャラスで使えないと言う教訓を得ました。

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です