マスクの下のメイク事情

コロナウィルスの蔓延がもはや国難のレベルに達して来ましたね。
さすがにアバウトな性質のおばさんもたまの外出時にはマスクを着用するようになりました。
引きこもりのおばさんですが、マスクをしていないと国賊のような目で見られるのがさすがに怖いです。

マスクを着けている時のメイクってどのようななさっていますか?
良くお聞きするのが、顔の上半分だけガッツリメイクして、下半分は薬用リップだけで済ませるとかですね。
あとは眉だけ描いてノーメイクとか。

1日中マスク着用でお仕事の方でしたら、そうなってしまうのも仕方がないと思います。
マスクの下だとファンデーションを塗っても塗っても崩れていくから、ふつうにメイクできないですよね。
それにあまりマスクを汚したくないし。

おばさんは引きこもりだからいつも通りのメイクをしていますけれど、マスクを着用する際にはさすがに淡い色のリップグロスをつけています。

アディクション ピュア

こちらはアディクションのピュア18版なんですけれど、本当に淡いピンクの発色ですが、パールやラメがみっしり入っているのでオシャレ感はあります。
一時期かなりハマっていたんですけれど、飽きてほったらかしにしていたのが2本ほど残っていたので使っていますが、マスクも汚れないし、おばさん的にも塗ったぞ感があるので満足しています。

「一生ついて行きたいリップグロス」 こちらのページでご紹介したジバンシーのリップグロスなんですが、これはラメ入りバージョンもあるんです。
オーロラのラメがきれいで使っていたんですけれど、時間が経つと真っ赤に近いピンクに乾くんです。
なんとも不自然な色になるので、アディクションのリップグロスを重ね塗りして使っています。
このくらいの色味のピンクのリップグロスって、持っていて損がないですね。

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です