きらいじゃないよ、ジューシークチュールのフレグランス

先日、友人からほとんど使っていないジューシークチュールの香水を譲ってもらいました。
ジューシークチュールって、きれいめのジャージを作ってるところだとばっかり思っていたんですけれど、香水まで作っていたんですね。
いずれにしても今が旬のメーカーでは亡いし、「メルカリで売ってくれ」と言われても、正直言って気が重かったんです。

「ダンナの友人にもらったw」って彼女はあっけらかんとして言ってましたが、普通いくら友人でも嫁さんに香水なんかプレゼントします?
彼女は国際結婚をしているので、旦那さんの友人はみんなアメリカ人なので、これはアメリカの常識なのかも知れませんが、香水なんて一番好みが分かれるものを、よくまープレゼントするなと感心です。

ジューシークチュール

おばさんはボディショップのバニラとか、ニナリッチのニナとか、廃番ではありますがおいしそうで甘い香りの香水が好きなんですけれど、「まず、お試しでつけてみて気に入ったらおばさんが買うね。じゃなかったらメルカリで売るね」と言うお約束でお試ししてみたんですけれど、あら?意外といい香り。

ベースは甘い香りなんですけれどちょっとだけムスクの香りも入っているような。
おばさん今までなんとなく、セクシーすぎるような気がしてムスク系の香りは避けていたんですけれど、このくらいなら気になりません。
甘い香りなんですけれど、ちょっと背伸びした大人っぽさがあると言うか、そんな感じの香りです。

それにボトルがかわいいじゃないですか。
おばさんこんな風にリボンを巻かれたようなボトルの香水使ったことがなかったので、まずビジュアルで好きになりました。
こう言うのもふだんの自分から抜け出すにはいいんじゃないかなって思っています。

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です