ボーダー柄の夏ネイル

おばさんの夏ネイル

ネイルサロンに行って来ました。
今回はちょっと夏を意識して、一旦ピンクから離れてブルー系の太めのボーダーネイルにしてみました。
派手さはないんですけれど、色使いがとても気に入っているネイルです。

もともとは、画像検索でヒットした中で「これいいな!」って思ったアートを丸パクリする気マンマンだったんですけれど、元画像ではネイルの根元部分の色が白だったんです。
で、ネイリストさんが(最近うんざりするほどLINEをしてくるので、やや邪険にしています)「白のところをクリアにしたら?」とのことで、そっちの方が涼感増すだろうと思って決定。

さらに当日ラメを1本ずつ入れた方が明るい感じになるかな>って思ったので、ラメ追加です。
くすみブルーとふつうのブルーが2色使いになっているところがお気に入りです。

おばさん 夏ネイル

ブラウンとブルーの組み合わせとか、夏しかできないかなって思っています。
大体がおばさんは寒色系のネイルがあまり好きじゃないんです。
いちいち見てはいないんですけれど、ネイルが視界に入った時に寒色系だとテンションが落ちるんです。
だから今回は夏バージョンで、特別版です。

ピスタチオカラーのアイメイク、リベンジ

おばさんいつもアイシャドウは、アイホール全体にアディクションのマリアージュを伸ばしてキラキラさせていたんです。
けど、「天啓のように降ってきたピスタチオ色」 こちらのページでご紹介したピスタチオカラーのアイメイクで、マリアージュだとピスタチオ色に対して色が強過ぎるんじゃないかって思ったんです。

それで同じアディクションで、もっと色味が明るくてゴールドに近い027番を買ってみたんです。
027番をアイホールに伸ばしてからピスタチオ色のアイシャドウを乗せたら、合うんですこれが。
今回も動画を撮ってみたので、お時間のある方は、ぜひご覧くださいませ。

ゴールド系とピスタチオカラーの方が合うと思いませんか?
いや、あまりにもマリアージュを使い過ぎたのでちょっと飽きちゃったのもあるんですけれど。

この動画はちょっと失敗作。
チークの色はピンクじゃない方が合っていたようです。
ピンクだとなんだかひな祭りのひし餅みたいな色合いだなって反省しています。

後日、ブラウン系のチークとリップグロスで仕上げてみたら落ち着いた顔になったので、なんでも塗ればいいってもんじゃないですね。
特におばさんはチークをたっぷり塗りたい派なので、よくよく考えてから色を選択しなくてはいけないと思いました。

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です