祭りキャトル、お買い得だと思ったんですけれど

おばさんの秋冬は、赤アイシャドウって親父の代から決まっているの

前回書いた、フリッカネイルさんのネイルシール、秋バージョンはもう楽天で売られていました。
お値段も送料込みで1,300円くらいが平均のようです。

そして、おばさんは迷っていた2つのネイルサロンのうちから家から車で3分の所にネットで予約を入れました。
どうもそのサロンの料金は他店オフと持ち込みデザインで5,300円くらいなんだそうです。
ただ、おばさんは今までベースにパラジェルを使っていたんですけれど、そのサロンのデータには使用ジェルが「プチプラジェル」と書かれていて、なんだかとても心配です。
ま、問題が起こらなかったらおばさんのパラジェル信仰も、豚に真珠だったってことで住むんですけれど。

それよりも、季節が変わってふたたびおばさんの赤アイシャドウ熱が復活しました。
今年は昨年の限定色、シャネルの「祭りキャトル」を買ってみました。
例によって正式名称は分からないので、ウロ覚えの祭りキャトルで通したいと思います。

シャネル 祭りキャトル

祭りキャトルなら捨て色がブラウンだけだからお買い得だと思ったんですけれど

祭りキャトルの色構成は画像を見ていただけたらお分かりかと思うんですけれど、赤、ブラウンとニュアンスのちがうベージュ2色なんです。
これならおばさんには壊滅的に似合わないブラウンだけが捨て色になる予定で、ふだん単品買いしかしないおばさんでも納得のお得感かなって思ったし、限定品だけあって、フタのロゴマークが赤で描かれてるんです。
これちょっと物欲を感じません?

どんな感じの発色か、動画を撮ってみたので、お時間のある方はぜひご覧くださいませ。

赤は見たまんまのダークレッドで納得だったんですけれど、下まぶたに乗せたベージュであれっ?
動画ではそのまま流しましたが、どう見てもオレンジに発色してて悪目立ちしているんです。
これは下まぶたに乗せる色じゃない、上まぶたのベース作りに使う色だって気がついたときにはもう遅い。
とんでもない下まぶたの主張が強いアイメイクになってしまいました。
いや~、オレンジの下まぶたは、ないわ。

「お高いお高い試供品」 こちらでご紹介したRMKのベージュピンクのアイシャドウの方がよほど明るくて肌なじみの良い下まぶたに見えます。
これ、下まぶたにベージュを仕込んで置くと粉落ちしなくて、パンダ目になることもなくていいんですよ。
疲れ顔も回復しますし。
いいこと尽くしなので、ぜひやってみてくださいね。

(Visited 93 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です