おばさんの疲れ顔対策

おばさん世代の疲れ顔対策

夕方とかおばさん世代になっちゃうとものすごい疲れ顔になって見えませんか?
これは下まぶたのメイクが剥げて、影になって、ただでさえ下まぶたのたるんでいるのが気になるお年頃なのに、そこが影になっているんじゃ話にならないですね。

はい、これを一瞬で復活させる方法です。
若い子みたいに涙袋メイクとか言ってられないおばさんの、切実なるレスキュー法です。

ポール&ジョー フェイスカラー

これはポール&ジョーのフェイスカラーなんですけれど、別に似たような色味のものであればどこのでも構いません。
真ん中の淡いピンクをサーッと下まぶたに塗ってみてください。
影が秒で消え去るでしょう。
あんまりピンク感のないものを選ぶのがコツです。
ポール&ジョーのは結構パールが入っていて、その効果もあって顔色が明るく見えるのかも知れないので、ペールは入っていた方がいいかもです。

そしてピンクの上からゴールドを塗って肌に馴染ませるんです。
これ、ナチュラルに仕上がってお疲れ顔をシャキッとさせてくれるので、おばさんにはお助けアイテムです。

ただ、このフェイスカラーは紙パッケージで、持ち歩くのに不便ですし、実際おばさんは他の色を使わないので不経済ですよね。
似たような色味のアイシャドウを単品でお買い求めになった方がいいと思います。

紙パッケージのレトロさが好きだけど、実用的ではないですね

おばさんは特に外出する用事もないので、これで済ませています。
もともとポール&ジョーの紙パッケージのレトロな感じが好きなので、ついつい集まっちゃったものがいくつかあります。
ちょっと目に入るところに置いておくと心が和みます。

でも、ほんとにこのフェイスカラーは不経済。
捨て色だらけなんだから。
ラベンダー色とか使わないし、ネイビーもこれだけだと暗すぎるんですよね。
ディオールのロイヤルブルーと混ぜてみたら明るさが少し出たので、夏場たまに使ったんですけれど、減るほどまでには使えませんでした。

濃い方のピンクもイマイチ捨て色候補ですね。
これをチークに使うと言う手段もありますが、おばさんは色々試して見た結果、青みピンクのチークが一番合うみたいなんです。
(コーラルが一番合わなかったです)
だからこのピンクじゃイマイチ物足りないんです。

で、見つけたら買うようにしているんですけれど、なかなか売ってなくって。
そろそろ単品買いを真剣に考えようかな?
かわいいパッケージので。

(Visited 149 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です